耐震構法・SE構法

日本の注文住宅には、地震への備えが必要不可欠です。
耐震工法には、様々な種類が存在します。その中で、仕組みを理解し、深く熟考したなかで、わたしたちが出した答えが「耐震構法・SE構法」です。
アースティックは、「重量木骨の家プレミアムパートナーズ」の九州エリアの先駆けとして、誇りと自信をもって施工いたします。

重量木骨の家ウェブサイト

地震や台風に負けない注文住宅

SE構法では、木造住宅であっても家の形状、建設地の気候特性に応じて構造の強度を事前に把握することができます。これから建てる家がどれくらい丈夫なのか、どんな根拠で安全と言えるのか。一棟一棟に最適な構造を科学的な根拠を持ってご提供いたします。

なぜ、必要なのか?

記憶に新しい熊本地震では、新築注文住宅であっても倒壊が報告されています。一般的な木造住宅では、構造計算が簡易的なチェックしか行われていないのが実情です。きちんと構造計算を行ってつくり上げるSE構法は、驚くほどの高強度であり、住宅性能表示制度では最高ランクである耐久度数「3」の評価を受けています。大切な生命、財産を守る住宅。安心してお住まいいただくために、SE構法が最良の選択だと考えています。

構造計算を可能にする機構と部材

耐震構法SE構法の構造用集成材

強度が高く品質の安定した
「構造用集成材」

「構造用集成材」とは、強度ごとに分類した「ラミナ」と呼ばれる木材を、科学的に計算しながら張り合わせた「エンジニアリングウッド」のことです。
自然のままの木材は、強度が「わかりにくい」「ばらばら」というケースがほとんどです。しかし構造用集成材は、部材ごとの強度が表示されています。SE構法を耐震性に優れた構造躯体にするために、とても重要な要素です。

耐震構法SE構法の接合部

柱と梁の接合部が強固な金物接合

SE構法では、柱と梁の接合部に特殊な金物を使うことで、一般的な「ほぞ」による継ぎと比較して、その断面の欠損が少ないというメリットがあります。また、乾燥している集成材ということで、木材自体の収縮も少なく、なおかつボルトやドリフトピンで強固に接合しているので、熊本地震でも注目された「連続した揺れ」に対しても非常に強いと言えます。

耐震構法SE構法の土台

柱の引き抜き強度が高い

大きな地震による揺れが発生した時に、最も壊れやすい部分が柱と基礎の連結部分です。建物が大きく揺れるとその主要な柱に大きな引き抜きの力がかかってしまうのです。この部分が弱いと、大地震時に柱ごと引き抜かれて建物が大きく損傷します。SE構法では、「柱脚金物」という特殊な金物で、基礎と柱が直接連結しているので、その引き抜き耐力が大きく向上します。

耐震住宅を支えるSE構法の構造躯体
自由発想の設計

地震に強い家+開放的な空間

地震に強くするために耐力壁を増やし、壁面ばかりの住宅になってしまっては、私たちの目指す「真のオーダーメイド注文住宅」とはなりません。SE構法では、柱と梁が強固に接合されている「ラーメン構造」を構造躯体に採用することで、開放的空間の設計が行えます。
アースティックでは、地震に強い家であっても、開放的な自由設計の家をご提案いたします。

SE構法についての記事

コラム一覧