室内専門ドアメーカー神谷コーポレーションに取材をしていただきました

一覧へ戻る
神谷コーポレーション取材|アースティック

室内ドア専門のメーカー

アースティックの注文住宅の室内ドアに標準採用している神谷コーポレーションさんから取材をしていただきました。
神谷コーポレーションは、室内ドア専門のメーカーです。
多くの建具メーカーが、カップボードやクローゼットといった室内建具全般を製造するなか、神谷コーポレーションさんでは、ドアひとつに絞り徹底したこだわりの製品をつくっています。

神谷コーポレーションのウェブサイトには、社長の言葉としてこう記されています。

何でもやれますは、何もできないと同義語。
だから私たちはフルハイトドアだけと決めたんです

この言葉からわかるように、ドアだけに特化して徹底したこだわり品質の製品を次々に生み出しています。

アースティックは、福岡県内では2社、北九州では唯一、神谷コーポレーションの登録ビルダーに認定されています。

今回は、神谷コーポレーションの代名詞といえる天井高まである「フルハイトドア」の紹介を弊社のモデルハウスにて現場取材をしていただきました。

フルハイトドアは、天井高まで高さのあるドアです。
室内ドアは「下がり壁」といってドアの上部と天井の間に壁を作って設置することが一般的です。
一般的なドアとフルハイトドアを比較するために、同じ写真で簡単な合成写真を作ってみました。

フルハイトドア
下がり壁あり(合成写真)

フルハイトドアは広々空間を演出

写真を見比べてみると、どうでしょう?
天井まで伸びるフルハイトドアは、空間がとぎれず連続性があり、広々とした印象を感じませんか?
また、フルハイトドアは、下がり壁がないことで、ドアの向こう側の空間の窓の明るさを取り入れやすいというメリットもあります。
空間に隔たりを作らないことで、空気が循環しやすく効率の良い換気ができることもメリットに挙げられます。

「なんか広い」空間

「同じ面積でも、なんか広い感じがする」
フルハイトドアのモデルハウスを内覧いただいたお客様からこのような声をいただくことがあります。
注文住宅を建てるうえで、「なんかいい」「なんか広い」というコトは、とても大切だと考えています。生活していて気に留めないけど「なんかいい」この感覚は長く住まう住宅だからこそ大切なものではないかと思います。
下がり壁がないから広々して見える。普段は考えが及ばないコトだけど、そこには、神谷コーポレーションのようなこだわりのモノづくりをしているメーカーさんの計算された緻密な技が生きているんだなと、つくづく感じます。

アースティックでは、「なんかいい」を大切にこれからも皆様の注文住宅づくりのお手伝いをさせていただきます。

また、今回、取材をしていただいて、さまざまなメーカーさんにアースティックの注文住宅づくりは支えられているなと改めて実感いたしました。
神谷コーポレーションさん取材していただき、ありがとうございました。

取材映像が完成しましたら、HPで紹介する予定です。乞うご期待!