住宅ローン雑学 ~その1~

一覧へ戻る

住宅ローンの審査はクレジットヒストリーで決まる!?

みなさん、いつも当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

先日、北九州市で注文住宅を建築予定のお客様と、住宅ローンのお打合せを電話(リモート?)でしていたのですが、その中で「クレジットヒストリー」についてのお話がすごく参考になったとの言葉をいただきました。

みなさんはこの「クレジットヒストリー」って、ご存知ですか?

住宅ローンを利用する上でこの「クレジットヒストリー」(以下、略してクレヒスといいます。)はとても、とても重要なものなのです。
そこで、今回は“住宅ローンの審査はクレジットヒストリーで決まる!?”と題してブログを書いていこうと思います。

まずは「クレジットヒストリー」という言葉。

クレジット(英:credit)は信用、信頼等
ヒストリー(英:history)は経歴等

という意味で、簡単に言えばクレジットカード等の金融取引や利用履歴のことです。
個人信用情報ともいいます。

ローンやキャッシングの話をするときに「ブラック」や「ブラックリスト」とか聞いたことありませんか。この「ブラック」は
クレヒスに問題がある人(延滞、債務整理、自己破産等)のことを表す用語です。

ちなみに、そういう人たちがまとめて載っているブラックリストというものは存在しません。あくまでも個人信用情報がずらりと記録されているものがクレヒスです。

内容は、氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・職業・勤務先などの個人情報はもちろんその他、返済情報として、各取引の支払い状況・残高・完済や解約、延滞や弁済など、細かく記録されています。

また、どんな会社があなたの信用情報を閲覧したか等も一定期間、照会履歴が残っています。金融機関などはこの信用情報をもとにあなたに融資ができるかを審査します。(他にも審査の判断材料はたくさんありますので誤解のないようお願いします。)

では、このとても大切なクレヒス(個人信用情報)は一体どこが管理しているのでしょうか。

それは、国でも地方自治体でもありません。
それは信用情報機関といわれる団体です。日本では現在3つの団体があります。

  • CIC(シー・アイ・シー)https://cic.co.jp/
    主な会員:クレジットカード会社と信販会社など
  • KSC(全国銀行信用情報センター)https://zenginkyo.or.jp/pcic/
    主な会員:銀行と銀行系のクレジットカード会社など
  • JICC(日本信用情報機関)http://jicc.co.jp
    主な会員:消費者金融と信販会社など

です。

ここに個人の今までの取引内容や情報があります。
また、各機関で情報の連携を行っているケースもあります。

自分の知らないところで自分の過去の取引内容が記録されている、と思った方も多いのではないでしょうか。実際は、各取引時にクレヒス(個人信用情報)を記録する旨の説明を受け、承認しているはずです。

ここまでがクレヒス(個人信用情報)の簡単な説明でした。

では何故“住宅ローンの審査はクレジットヒストリーで決まる!?”のでしょうか。

それは、住宅ローン審査の時に「住宅ローンの取引を行うに値するか」がクレヒスを照会することにより、以前の延滞や申告時の内容の相違なども全て明らかになるからです。

審査を申し込む際は、現在利用しているローンやキャッシングなどを記入する欄がありますが、金融機関や保証会社もクレヒスは取り扱えるので申告内容と大きく相違があれば否決される可能性もあります。金融機関は「申告内容が違いますよ。」などは基本教えてくれません。

お客様の伝え漏れが多いのは、携帯電話の機種代金の分割払いや、奨学金などです。これらは、以前クレヒスに載っていなかったのですが、最近は履歴があります。

そして、その現在利用しているローンやキャッシングによって大きく借入額が減額されたり、時には否決されることもあるのです。ですから、住宅ローンを申し込む時にはしっかりと自分のクレヒスは把握しておくことがとても重要になります。

自分のクレヒスの内容がわからない、または心配な方は各金融取引時の契約書を見直すのが一番ですが、紛失しているときなどは自分の利用している通帳記帳を行うと今どんなローンを組んでいてどれくらい毎月やボーナス時に返済しているかはわかります。

それでも不安な方は各信用情報機関のHP等から自分の信用情報を取り寄せることができますので、有料(1,000円程)でもよければ利用してみてはいかがでしょうか。

住宅ローンの申込時に、以上のことを踏まえて相談しないと、借入額の減額や否決になってしまい、せっかくのマイホーム計画がストップしてしまう可能性があります。

注意いただきたいのは、住宅ローンの審査は個人の現在の状況によって十人十色、千差万別、ケースバイケースです。また、金融機関によっても審査の仕方や重要視するところが変わってきます。

北九州で注文住宅をお考えの方、アースティックではこのような住宅ローン関連のご質問やお手伝いも、金融機関に丸投げせずにしっかりとサポートしていきますので、いつでもお気軽にご相談いただければと思います。

以上、“住宅ローンの審査はクレジットヒストリーで決まる!?”でした。

今後も住宅ローンについてのお話は続けていきたいと思いますので、ご興味ある方は是非ご参考いただければ幸いです。